東大医学部女医が教える話 シミのお悩み

「シミ」と一口に言っても、その種類は実にさまざまです。種類が違えば、出てくる年齢やシミの状態、改善方法も違います。

ひとつずつ解説していきます。

今回取り上げるのは「老人性色素斑」です。

<紫外線の影響を受けて生じる一般的な「シミ」>

「老人性色素斑」は、「日光性黒子」とも呼ばれます。私たちが「シミ」と聞いてまず真っ先に思い浮かべるであろうシミの種類が、この「老人性色素斑」です。

老人性色素斑は、紫外線を受けることで発生します。紫外線が肌に入ってくると、体は「肌を強くしよう」と考えてメラニンを作るための指令を出します。この指令によって、シミが作られます。

個人差はあるものの、20代前半までは新陳代謝が活発であること、また紫外線の蓄積量がそれほど多くないことから、老人性色素斑が出ることはあまりありません。30代以降から目立ち始めます。

<対策はやはり「紫外線対策」>

初めはぼんやりとしていたシミでも、時間の経過とともにはっきりと表れるようになります。また、顔だけでなく、手の甲などにもみられることもあります。

紫外線が主な原因ですから、紫外線をブロックすることで発生リスクを抑えられます。帽子と日焼け止めを活用しましょう。日焼け止めは、ライフスタイルに合わせて強さを選び分けます。

また、新陳代謝を活性化せるのもひとつの方法です。しっかり眠り、ストレスをためず、バランスの良い食生活を心掛けてください。特にビタミンCなどは、老人性色素斑の発生リスクを下げさせます。

関連記事

おすすめ記事

プロフィール

田中 亜希子(たなか あきこ)

 東京大学医学部医学科卒業

・医療法人社団 英僚会 理事長
・あきこクリニック院長
・日本美容外科学会認定専門医
・日本美容外科学会(JSAS)理事
・日本アンチエイジング外科学会(JAAS)理事
・アラガンファカルティードクター

各メーカースレッドリフト・ヒアルロン酸などのKOL(キーオピニオンリーダー)を務める(シルエットソフト・テスリフトソフト・クレヴィエル・premium VOV lift)

年齢肌のお悩み~東大医学部卒の女医が教える話

シワのお悩み東大医学部卒の女医が教えるの話