日焼けがなかなか消えない……ひと夏がすぎても消えない理由は?

夏の日焼け跡

「夏の日焼けが消えない」

「昔は一週間もすれば日焼けも消えたのに、去年の日焼けがまだ残っている」……。

このように悩む人も多いのではないでしょうか。

ここでは、「ひと夏をすぎても日焼けが消えない理由と対策」について紹介していきます。

<年をとると新陳代謝は衰える>

「日焼けそのものを、今すぐに消す方法」は現在存在しません。

日焼け跡を消すためには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が繰り返されなければなりません。幾度ものターンオーバーを繰り返して、日焼けは徐々に薄くなっていくのです。

ただ、新陳代謝の速度は年を取るごとに徐々に遅くなっていくことが多いといえます。

そのため、「昔はすぐに消えていた日焼け跡」が、ひと夏をすぎても残り続けるケースが増えていくのです。

<できる対策についてみていこう>

「今すぐに消すこと」はできなくても、ターンオーバーをサポートすることで多少日焼けを消す速度が速くなるのではないかといわれています。

しっかりと睡眠をとり、しっかり栄養をとり、適度な運動を行うようにしましょう。

また、「さらなる日焼け」を防ぐために日焼け止めを使ったり、長袖を着用したりすることも重要です。

日焼け跡は、このようにケアをしていけばいつかは薄くなります。

なお、日焼けを原因とするシミやソバカスについては、美容外科で対応が可能です。またこれらの発生を抑制するために、日焼け止めや保湿美容液を使うのも有効です。

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000372133/blog/bidA026778913.html

https://www.biyougeka.com/qa/detail225057/

関連記事

おすすめ記事