東大医学部女医が教える話 シミのお悩み

秋にぴったり!クリアシールドVBR

クリアシールドVBR

「秋にも紫外線対策が重要」という話を、すでにしてきました。

しかし強すぎる日焼け止めは、肌に負担をかけてしまうものです。

では、秋の紫外線対策にぴったりな日焼け止めの指標はどれくらいなのでしょうか?

<秋の紫外線対策は、SPF20程度、PAも++で十分>

秋に使う日焼け止めは、SPF20程度、PAも++程度で十分です。

これで、日常生活(散歩など)くらいは十分にカバーできます。

もし屋外である程度活動するのであれば、SPF30程度、PA+++程度を使っても問題ありませんが、それよりも強い日焼け止めは肌への負担の方が懸念されます。

また、「肌が特別に弱い」ということであれば、日焼け止めは少し弱いものを使い、長袖を着るという手もあるでしょう。

<クリアシールドVBRを使ってみよう>

さて、秋の紫外線対策にぴったりのものがあります。

それが、「クリアシールドVBR」です。

クリアシールドVBRは、SPF24、PA++の「秋にちょうど良い」UV化粧下地です。クリアシールドVBRは日焼け止めの効果を持っているのと同時に、化粧下地としても活躍してくれるのです。

この「1本で2役を兼ねる」というのは大きな魅力です。いつものメイクアップが、そのまま「秋の日焼け対策」になるのです。

クリアシールドVBRは、オーロラパールとピンクラベンダーの2種類を用意しています。元気のある肌に見せたいのならばオーロラパール、秋に起きがちな肌のくすみが気になるのならばピンクラベンダーがおすすめです。

関連記事

おすすめ記事

プロフィール

田中 亜希子(たなか あきこ)

 東京大学医学部医学科卒業

・医療法人社団 英僚会 理事長
・あきこクリニック院長
・日本美容外科学会認定専門医
・日本美容外科学会(JSAS)理事
・日本アンチエイジング外科学会(JAAS)理事
・アラガンファカルティードクター

各メーカースレッドリフト・ヒアルロン酸などのKOL(キーオピニオンリーダー)を務める(シルエットソフト・テスリフトソフト・クレヴィエル・premium VOV lift)

年齢肌のお悩み~東大医学部卒の女医が教える話

シワのお悩み東大医学部卒の女医が教えるの話