東大医学部女医が教える話 シミのお悩み

シミってそもそも何?

年齢とシミ

若いころとは違う! シミは年齢を重ねると代謝されにくくなる

「若いころは真っ黒に日焼けをしても、シミとして残ることはなかった。でも年を取ってからは……」と悩む人もいることでしょう。 これにはきちんとした理由があります。 <シミを作る原因となるのは、主に「紫外線」> 「シミ」が生じる原因は、実はいろいろあります。生まれつきのものもありますし…

紫外線

紫外線の違い~α波、β波、C波

紫外線には3つの種類があります。「α波」「β波」「C波」です。 紫外線は人間にとって有害なものですが、「どのような影響を与えるか」は波の種類によって異なります。 <α波> α波は、「UVA」とも記されます。長い波長を持っており、ガラスなどもすり抜けて体内に届くものです。紫外線のう…

紫外線

紫外線の影響を整理しよう! 結局、紫外線の何が悪いの?

「紫外線は肌に悪いもの」という認識を持っていない人は、ほとんどいないと思われます。 ただ、「結局紫外線がどんな影響を及ぼしてくるのかまでは具体的にはわからない」という人もいるでしょう。 ここではおさらいがてら、紫外線によって受ける肌へのダメージについて取り上げていきます。 <肌が…

シミの種類とその改善~肝斑

シミの種類のひとつである「肝斑」は、女性ホルモンと関わりがあるものです。 これについて取り上げていきましょう。 <肝斑は女性ホルモンの影響によって生じることが多い> 肝斑は、ほかのシミとは異なり、ほぼ左右対称に浮かび上がってきます。頬の骨の上あたりに出てくるものであり、ぼやっとし…

数多くあるシミの種類~「そばかす」

かわいらしい印象をもたらす「そばかす」ですが、大人になってもなくならないこれに悩まされる人は決して少なくはありません。 今回は、この「そばかす」の原因と対策についてとりあげます。 <そばかすは遺伝的な要因が大きい> そばかす(雀卵斑ともいいます)は、老人性色素斑とは異なり、遺伝的…

数多くあるシミの種類~「老人性色素斑」

「シミ」と一口に言っても、その種類は実にさまざまです。種類が違えば、出てくる年齢やシミの状態、改善方法も違います。 ひとつずつ解説していきます。 今回取り上げるのは「老人性色素斑」です。 <紫外線の影響を受けて生じる一般的な「シミ」> 「老人性色素斑」は、「日光性黒子」とも…

おすすめ記事

プロフィール

田中 亜希子(たなか あきこ)

 東京大学医学部医学科卒業

・医療法人社団 英僚会 理事長
・あきこクリニック院長
・日本美容外科学会認定専門医
・日本美容外科学会(JSAS)理事
・日本アンチエイジング外科学会(JAAS)理事
・アラガンファカルティードクター

各メーカースレッドリフト・ヒアルロン酸などのKOL(キーオピニオンリーダー)を務める(シルエットソフト・テスリフトソフト・クレヴィエル・premium VOV lift)

年齢肌のお悩み~東大医学部卒の女医が教える話

シワのお悩み東大医学部卒の女医が教えるの話